お店を維持していくということ

飲食店の経営に関わらず、お店を維持していくというのは大変なことです。
食材の仕入れ、スタッフの育成、家賃や光熱費の支払い、お店の清掃、その他いろいろ。
最近だと食べログの評価や雑誌広告への出稿、写真の選定なども大切な仕事になってきました。
そして、何より大事なのはお客さんに来てもらうことです。

TORETA blog「成功している飲食店経営者に共通すること」

以前、大阪のカメラマンにメニュー用の写真をサンプルで撮ってもらいましたが、とてもきれいに、そして美味しそうに撮れていました。
お鍋は下から空気を入れてグツグツした感じを演出するそうで、スチームアイロンを使って湯気を表現するそうです。
上の記事でも書かれていますが、お店を維持していくためにはさまざまなことをやっていくことと同時に、
それぞれのことについて徹底的に考え続けなければいけないと感じています。

以前は美容院のようにお客様カルテを作ることも考えていましたが、効率化とサービスの向上を考えるとTORETAを導入したり、
本質的に変えるのであれば、経営的に抜本的な改革を進めることも大切なことかもしれません。

最近飲食店経営について考えていること ホリエモンドットコムブログ

堀江さんのように1ヶ月間お店を休むなんてとても考えも及ばない発想ですし、現実的なものとではないと思いますが、
お客さんにもっとより良いものを提供する、そして、お店の経営を安定化させる、という両輪をどのようにやっていくか、
が経営者の課題であると感じています。